初めての方へ


こんな思いを抱えて悩んでいませんか?


 ● なぜ~してしまったのだろう。

 

 ● ~しなければよかった。

 

 ● なんて自分はダメだったのだろう。

 

 ● 自分の行動が悪かった。

 

 ● 自分が悪かった。

 

 ● どうやってこれから生きればいいのか。

 

 ● ずっと暗闇の中にいるようだ。

 

 ● こんな私が幸せになっていいのか。

 

 ● こんな私が幸せになる資格があるのか。

 

 ● 自分が自分を許せない。

 

 

 

 

 

 

自分が悪いから、

 

責められるかもしれないという思いから、

 

誰にも相談できないでいる・・・

 

 

 

自分のせいだからと

 

自分一人で解決しなければと思っている・・・

 

 

 

人に気をつかってしまう内容なので、

 

誰も話せないでいる・・・

 

 

例えば、

 

不倫・浮気からの関係回復

 

中絶経験のある方

 

自死遺族の方

 

企業の不祥事に関わってしまった方

 

性的な問題で人を傷つけてしまった方

 

 

 

などの道徳的・倫理的な善悪の問題。

 

罪悪感、罪責感によるで倫理的に悩んで、

 

いらっしゃる方のこころの傷を扱っています。


ごあいさつ


初めまして。

 

心理カウンセラーの河野です。

 

 

 

ネガティブな感情を手放すポイントは、

 

「自分への思いやり」です。

 

 

 

 自己否定や罪悪感で悩んでいるとき、

 

落ち込んだり、抑うつ状態になったりしますが、

 

自分自身もまた

 

とても傷ついているものです。

 

 

 

この場合に必要なのは、

 

自分を許すこと、

 

自分自身と和解することです。

 

 

 

個人主義、競争主義の傾向が

 

強まっている今の社会では、

 

こうした悩みや相談は、

 

自業自得、自己責任なのだと思い込み、

 

相談する場所が少ないように思います。

 

 

 

そこで、

 

自分ひとりで回復しようと

 

取り組むのですが、

 

このネガティブな感情を抱えていると、

 

視野が狭くなり、

 

行動意欲も乏しくなっています。

 

 

 

そのため、

 

回復までに遠回りをして、

 

とても時間がかかってしまいます。

 

 

 

また、

 

長期化してしまうと、

 

生きる意欲に欠け、

 

生きづらさを抱えたまま、

 

漂うように生きることに

 

なってしまいます。

 

 

 

 

 

私がそうでした。

 

 

 

 

 当カウンセリングオフィスでは、

 

「自分への思いやり」を

 

育てる心理学をベースにして、

 

相談者様のネガティブな

 

感情(罪悪感や自己否定感)を

 

手放すお手伝いをしています。

 

プロフィール

 

名前:河野傑 

出身地:東京生まれ横浜育ち

 

慶應義塾大学卒業後、

会社員(経理職)を経て、

2017年にカウンセラーとして開業。

 

 ■ 保有資格 

日本心理学会 認定心理士

日本能力開発推進協会 上級心理カウンセラー資格